仏像の買取におすすめしたい業者をピックアップ!人気の高い中国仏像の買取にも強い業者を中心に紹介しています!

仏像買取の査定ポイントとは?事前に掃除するべき?

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/04/05


過去に神仏を信じる人が家族内にいた、骨董品や美術品のコレクターだったなどの理由から、仏像が家にあるという人もいるでしょう。売却するか処分するかで悩むことになるケースもあるものです。そのようなときは買取が勧められますが、どのような査定ポイントがあるでしょうか。この記事では、仏像買取の査定ポイントについて解説しましょう。

仏像買取の査定ポイント「業者選び」

仏像はどのように処分すればよいか迷うことが多い品物です。粗大ゴミに捨てるわけにもいかず、かといって売却するかオークションに出すことも迷う人もいるでしょう。仏像自体は買い取りに出すことができます。骨董品や美術品として取り扱われるので、買取に出すことで高価買取も期待できるでしょう。

しかし仏像に関する知識がないと、適正に見積もってもらうことができない可能性があります。どのような利益がある仏像で誰の作品なのか、素材は何か、仏像の姿など、実際に仏像を見て鑑定できる鑑定士に査定を依頼することが重要となるのです。

作者や仏像の種類によって価値が変わってくるので、適正に見極めないと値段をつけることは難しく、本来の価値を見出してもらえないことがあるでしょう。貴金属やブランド物を扱う買取店は数多くありますが、骨董品や美術品を専門に扱う業者はあまり多くありません。

また、それぞれの買取店によって得意分野が異なり、知識の深さも変わってきます。そのため仏像は、専門に取り扱っていて深い知識を持つ鑑定士が在籍する店舗を選ぶようにしましょう。家族が大切にしてきたものに対して、適正な価値を見出してくれる可能性が高まるのです。適切に価値を見出してもらい、他の購入希望者の手にわたり、そこで大切にされることで、仏像の価値もよみがえるでしょう。

仏像買取の査定ポイント「状態をよくする」

業者選びができれば、次は状態をよくするように努めましょう。何を査定してもらうにしても汚れたり傷ついていたりするものよりも、見た目がキレイな方が高い査定額がつきます。仏像などはとくに、美術品や彫刻品としての価値があるものなので、傷や汚れがないことは第一条件でといえるでしょう。

歴史のあるものほど古い質感はありますが、カビが生えていたり錆びたりしているものは、保存状態が悪いものとして価値が下がってしまいます。そのため、少しでも汚れやカビ、錆びなどがある場合は、査定に行く前にキレイにしておくことが重要でしょう。

保存するときは温度や湿度を一定の状態にしておくことが、素材を劣化させないための秘訣です。紫外線に当たるのもよくないので、直射日光に当たらないように保管しましょう。手入れの方法については、日常的に柔らかい筆や刷毛などで掃除をしていればよいのですが、長期間掃除をしていなかった場合でも、雑巾や洗剤などを使うことは避けましょう。筆や刷毛などで埃を払うか、ブロワーなどがあればそれを使って埃を払い落とすようにします。

もし欠けていたり傷ついていたりと修理をしなければいけないときは、決して自分で手を加えたり直そうとしたりせず、仏具店に持ち込んで知識や経験のある職人に修理を依頼しましょう。キレイな状態に直してもらえて、今後も長くよい状態で保存できることが期待されます。査定までにキレイな状態にして、購入したときについていた箱や解説書などの付属品があれば、そろえておきましょう。

仏像買取の査定ポイント「複数の業者で査定」

仏像を売るときは、骨董品や美術品の専門業者に査定依頼をすることが重要ですが、専門業者の中でも見積もり額が変わってきます。どの買取店にも得意分野があったり、再販ルートが異なったりすることで査定額にも違いが出るようです。傷んでいる場合は、自社で修理をするのか他社に依頼するのかによっても見積もり額が異なります。

さらに、店舗の場所によっても査定額は変動するのです。自社で修理できる場合は費用がかかりませんが、他社に依頼する場合はその分費用がかかります。土地代や家賃の高い地域で店舗を構えている場合は、その分の費用もかかるため高額買取ができない場合もあるでしょう。

ただし、独自の再販ルートを持っており、売れると判断されたものは高額で取引されるかもしれません。再販するのに手数料や人件費がかかる、イベントを催すならそのための費用も必要です。これらのように、買い取ったものを再販するために何らかの費用がかかるほど査定額が低くなってしまいます。

そのため、複数の買取店で見積もってもらい比較検討することが、少しでも高く買い取ってもらうためのポイントといえるでしょう。ほとんどの買取業者は、見積もりだけなら無料で受け付けています。査定額が提示されたときに、なぜその額になるのかということをわかりやすく説明する業者であれば、なお信頼できるといえそうです。

 

仏像はどのように処分すればよいのか迷う人も少なくないでしょう。骨董品や美術品として買取に出してもよいのです。少しでも高い価値を見出してもらうには、専門業者を選ぶこととその中でも複数の店を比較することが重要でしょう。そしてキレイな状態にするための掃除をしておくことも、大切なポイントなのです。

おすすめの仏像買取業者5選!

商品画像
商品名日中スタンプ商事エアリユース六角堂古美術永澤買取 福助
特徴中国仏像に特化した専門買取店1,000万円を超える高額でも、現金払いが可能HPに買取実績や買取参考価格を多数掲載創業25年以上、毎年50万点以上の買取実績1955年創業、65年以上の歴史を持つ老舗
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧